緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
第6回日仏規制当局会合
9月3日、4日の2日間、原子力規制委員会と仏国原子力安全規制機関(ASN)による第6回日仏規制当局間会合が東京で開催され、ASNからはシュベ委員長・カデ=メルシェ委員らが、NRAからは更田委員長・田中委員らが出席し、双方の規制活動等について情報交換を行いました。4日には調印式が行われ、更田委員長とシュベ委員長の間で「情報交換と協力の取り決め」の更新が調印されました。
田中委員 JAEA大洗を現地調査
田中知委員は8月30日、日本原子力研究開発機構大洗研究所の現地調査を実施しました。高温工学試験研究炉(HTTR)では審査の一環として設備の安全対策や管理体制等の確認を行い、材料試験炉(JMTR)では廃止措置に向けた準備状況等を確認しました。調査後の取材では「現場の人の気づきが大事、現場の声が上がっていく仕組みも大事」と答えました。
核燃料施設等の新規制基準適合性に係る審査会合
最優秀技術論文賞 受賞
7月17日、米国機械学会(ASME)による圧力容器および配管の国際会議(PVP)がチェコ共和国で開催され、技術基盤グループ地震・津波研究部門の東喜三郎(あずま・きさぶろう)技術研究調査官が最優秀技術論文賞を受賞しました。
(更田委員長へ受賞の報告 写真左:東調査官)
受賞概要
OECD・NEAマグウッド事務局長来訪
8月10日、経済協力開発機構原子力機関(OECD/NEA)のマグウッド事務局長が更田委員長を訪問し、原子力関連機関における安全文化やリーダーシップ、東京電力・福島第一原子力発電所事故後の安全規制に対する国民からの信頼の回復、日本における新検査制度導入へのチャレンジ等について、議論を交わしました。
伴委員 福島第一原子力発電所を視察
伴委員は8月2日、東京電力ホールディングス(株)福島第一原子力発電所を視察し、燃料デブリの取り出しに向けた原子炉格納容器内調査の準備が行われている2号機の建屋外壁開口部や、使用済燃料プールからの燃料取り出しに向け準備中の3号機オペレーティングフロア等の状況を確認しました。
特定原子力施設監視・評価検討会 福島第一原子力発電所に対する取組状況

スライドショーを停止

  1. 1つ目の記事を表示

ページトップへ