緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

放射線障害防止法とは

放射線障害防止法は、放射性同位元素や放射線発生装置の使用及び放射性同位元素によって汚染されたものの廃棄などを規制することによって、放射線障害を防止し、公共の安全を確保することを目的に制定された法律です。

なお、放射性物質の規制は、同法のほか、原子炉等規制法、医療法、薬事法、獣医療法等においても行われています。

放射線の利用形態

放射線障害防止法は、作業従事者及び事業所外の一般公衆の放射線障害を防止するため、次のとおり規制を行っている。

放射線障害防止法の規制の概要【PDF:40KB】

放射線の利用形態

規制の現状

  1. 放射性同位元素等取扱事業所の状況
  2. 申請・届出等の状況
  3. 放射性同位元素等取扱事業所に対する立入検査の実施状況
  4. 放射線管理状況
  5. 放射線障害防止法対象施設における事故の発生状況
  6. 最近の安全管理の徹底に関する通知
  7. 放射線障害防止法の対象事業所一覧
  8. 標準的事務処理期間

規制の現状へのリンクはこちらから

RI規制
放射線障害防止法とは
申請・届出等手続
放射線取扱主任者免状(放射線取扱主任者試験及び講習)
登録認証等実施機関
RI規制関連法令集
放射線障害防止法による安全規制に関する質問と回答

ページトップへ