原子力規制委員会

文字サイズ変更

  • 大
  • 標準
  • 最大
田中委員長がウィーンを訪問し
IAEA総会や2国間会合に参加しました(1)
平成26年9月22日~9月25日田中委員長は9月22日から25日、オーストリア・ウィーンでIAEA(国際原子力機関)の年次総会、INRA(国際原子力規制者会議)に参加しました。また、各国との2国間会合も行いました。
写真右:リトアニア原子力規制当局 デムチェンコ長官、左:ドイツ環境・自然保護・建設・原子炉安全省 クロースター局長
田中委員長がウィーンを訪問し
IAEA総会や2国間会合に参加しました(2)
平成26年9月22日~9月25日訪問中、田中委員長は様々な国際機関や、IAEAに参加する国の代表と意見交換を行い、今後の原子力規制における国際的な連携についても確認しました。
写真右:トルコ原子力庁 アルペル長官、左:ベトナム原子力規制当局 タン長官
原子力規制委員会 職員募集
原子力規制委員会では、原子力施設の新規制基準への適合性審査や保安検査など、原子力規制に意欲的に取り組む職員を募集しています。
現在、実務経験者の方を公募しています。応募締切は10月24日(消印有効)です。
募集要項など、詳細は下記リンク先をご覧ください。経験者の公募
新規制基準への適合性審査
原子力規制委員会では、事業者より申請のあった原子力発電所、核燃料施設等について新規制基準へ適合しているかどうかの審査を厳格に進めています。
既に設置変更を許可している九州電力川内原子力発電所については、引き続き工事計画等について審査します。 新規制基準について   適合性審査について
福島第一原発事故への取組
原子力規制委員会は、依然としてリスクの高い福島第一原子力発電所の廃炉作業の工程を常に検証・評価し、全体のリスク低減に向けて事業者の安全管理への取組みを監視していきます。
また、陸や海での放射線モニタリング、事故の継続的な分析も進めます。 原子炉等規制法に係る対応

スライドショーを開始

  1. 1つ目の記事を表示

政策課題

  • 原子力の規制
  • 原子力防災
  • 安全研究
  • 東電福島原発
  • モニタリング
  • RI規制
  • 保障措置

会議開催案内

原子力規制委員会 検討チーム等

動画配信

東京電力福島第一原子力発電所事故から3年にあたり委員長訓示

東京電力福島第一原子力発電所事故から3年にあたり委員長訓示

平成26年3月11日、福島第一原子力発電所事故から3年にあたり、田中俊一委員長が訓示を行いました。

原子力規制委員会の公式動画はこちら

各地の原子力施設情報

原子力施設の地図です。地域名をクリックすると右側に情報が表示されます。 泊 東通 六ヶ所 女川 柏崎刈羽 福島第一 福島第二 東海・大洗 川崎 横須賀 浜岡 志賀 敦賀 美浜 大飯 高浜 熊取 島根 上齋原 伊方 玄海 川内

各施設情報

左記の地図名をクリックするとこちらに情報が表示されます。

原子力施設一覧

旧組織等の情報

原子力規制委員会発足に伴い、各組織から提供された情報がご覧いただけます。

  • 旧原子力安全委員会関連情報
  • 旧原子力安全・保安院関連情報
  • 文部科学省関連情報
  • 原子力委員会原子力防護専門部会関連情報
  • 旧独立行政法人原子力安全基盤機構