緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
NRC派遣職員の中間報告
検査制度見直しの一環として、昨年7月から米国NRCへ派遣中の職員が一時帰国し、庁内で中間報告を行いました。米国の検査業務や体制、その他経験した様々な業務について報告すると、会場からは組織内外とのコミュニケーションや具体的検査方法等について質問がなされるなど、活発な意見交換が行われました。
原子力規制委員会 職員募集(実務経験者)
原子力規制委員会では、原子力規制行政の充実・強化を図るため、原子力施設の新規制基準への適合性審査や保安検査などに取り組む職員(実務経験者)を募集しています。
応募締切は平成29年1月31日(消印有効)です。
募集要項など、詳細は下記リンク先をご覧ください。
行政職員(経験者)の公募について
田中委員長が愛媛県を訪問
12月15日、田中俊一委員長が愛媛県を訪問し、原子力災害指針の基本的な考え方についての説明と意見交換をしました。
伊方町では住民の方々と面会し、防護措置と放射線被ばく量の関係や、そうした知識を深める機会のあり方などについて意見を交わしました。
IAEAと共同での海水採取
11月14~15日、IAEA(国際原子力機関)の海洋モニタリングの専門家と共同で、福島第一原子力発電所近傍で海水の採取を実施しました。この取組は2014年から継続して実施しており、これまでに得られた複数機関での分析結果の相互比較から、日本のデータの信頼性が高いことが確認されています。
海洋モニタリングにおけるIAEAとの協力
平成28年熊本地震による原子力施設等への影響について
原子力規制委員会では、平成28年熊本地震による原子力施設等への影響について臨時会議を開催し、現在運転中の九州電力・川内原発はじめ、今回の地震で揺れを観測した原子力施設等の現状を確認しました。 原子力規制委員会 臨時会議
川内原子力発電所への影響と見解
原子力施設等の状況

スライドショーを停止

  1. 1つ目の記事を表示

ページトップへ