緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。
更新する
情報提供
3日以内に情報提供はありません。
更新する

現在位置

  1. トップページ
  2. 原子力の規制
  3. 原子力規制検査
  4. 旧保安検査に係る報告書
  5. 運転段階の安全規制 保安検査

運転段階の安全規制 保安検査

保安検査
概要 内容
保安検査とは、原子炉施設の運転に関し、保安のために必要な事項を定めた保安規定の遵守状況について、定期的に行う検査のことをいいます。 <検査のポイント>
発電所で実施した保安活動の計画から実行、実行結果の評価、その評価から出てきた改善まで一連の過程を検査し、この過程で守らなければならない保安規定の要求事項が遵守されていることを確認する。
 
<検査者>
国の原子力保安検査官
 
<方法>
  1. 事務所又は工場もしくは事業所への立入り
  2. 帳簿、書類その他必要な物件の検査
  3. 関係者に対する質問等
 
法令 <時期・頻度>
原子炉等規制法第37条第5項など 年4回
安全確保上重要な行為の際

※国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ原子炉施設については、保安規定の認可を受けているため、運転段階の発電用原子炉施設と同様に原子炉等規制法に基づき、保安検査が行われております。

保安検査実施情報

ページ
トップへ