緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
伴委員 第3回安全文化WGに出席
10月2日から10月4日までの3日間、原子力規制活動委員会(CNRA)安全文化ワーキンググループ(WGSC)の第3回会合がフランス・パリで開催され、伴信彦委員が議長として出席しました。
会合では各国の原子力規制機関による安全文化醸成の取組状況や近況報告等の情報共有が行われ、今後の課題や活動内容についての議論が交わされました。
結果概要
福島第一原子力発電所を視察
更田委員長は10月5日、福島第一原子力発電所の現状を確認するため、現地を視察しました。
視察後に記者の取材を受けた更田委員長は「事故を起こした当事者、原子力に携わる者が特段の注意深さと意識の高さを持って取り組まなければいけない」と答え、3号機の燃料取り出しに関連した不具合については、今後特定原子力施設監視・評価検討会で議論を行っていく考えを述べました。
新検査制度試運用の実施状況を視察
山中伸介委員は10月1日、新たな検査制度の試運用開始にあたり、現場での実施状況を確認するために関西電力株式会社大飯発電所を視察しました。視察後の取材で検査官の力量について問われた山中委員は「教育訓練の制度も新しく工夫して行っている。様々な発電所で試運用のトライをして、1年半かけて十分に検査官の力量も上げていきたい」と答えました。
更田委員長 IAEA総会等に出席
更田委員長は、9月17日から19日の間、オーストリア・ウィーンを訪問し、国際原子力機関(IAEA)総会及び国際原子力規制者会議(INRA)に出席し、この期間に各国の原子力規制機関等と意見交換を行いました。
また、9月20日にはフィンランドを訪問し、高レベル放射性廃棄物処分場(オンカロ)及びオルキルオト低中レベル放射性廃棄物処分場を視察しました。
第32回原子力規制委員会
第6回日仏規制当局会合
9月3日、4日の2日間、原子力規制委員会と仏国原子力安全規制機関(ASN)による第6回日仏規制当局間会合が東京で開催され、ASNからはシュベ委員長・カデ=メルシェ委員らが、NRAからは更田委員長・田中委員らが出席し、双方の規制活動等について情報交換を行いました。4日には調印式が行われ、更田委員長とシュベ委員長の間で「情報交換と協力の取り決め」の更新が調印されました。

スライドショーを停止

  1. 1つ目の記事を表示

ページトップへ