緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

運転段階の安全規制 施設定期検査

施設定期検査
概要 内容
施設定期検査とは、特定重要発電用原子炉施設を設置する者が、定められた時期ごとに、原子力規制委員会が行う検査を受けなければならないものです。 <検査のポイント>
発電用原子炉施設のうち、重要度が高い設備について、事業者が行う定期事業者検査に立ち会い、又は記録を確認する。
 
<検査者>
国の原子力施設検査官
法令  
核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律 第43条3の15など <方法>
立会検査、事業者による定期事業者検査の結果確認
 
<時期・頻度>
13ヶ月~24ヶ月に1回

※平成25年7月8日の新規制基準施行に伴い根拠法令が「電気事業法」から「原子炉等規制法」に変更になり、これに伴い検査名及び検査対象名も変更になっております。

運転段階の安全規制
運転段階の安全規制 概要
運転段階の安全規制 保安規定(変更)認可
運転段階の安全規制 施設定期検査
運転段階の安全規制 保安検査
運転段階の安全規制 定期事業者検査
運転段階の安全規制 定期安全管理審査
運転段階の安全規制 安全性向上評価
運転段階の安全規制 健全性評価
運転段階の安全規制 高経年化対策
運転段階の安全規制 運転期間延長

ページトップへ