緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

運転段階の安全規制 保安規定(変更)認可

保安規定認可
概要 内容
事業者は、運転開始にあたって原子炉施設の運転に関し、保安のために守るべき事項を定めた書類(保安規定)を原子力規制委員会に申請しなければなりません。保安規定(変更)認可は、これを審査し、認可するものです。
保安規定を変更したときも、変更の認可が必要になります。
<審査のポイント>
原子炉等による災害の防止上十分であることを確認する。また、保安規定を遵守しているか、その適合を確認する検査が保安検査である。
従事者への保安教育の実施方針、内容等
原子炉施設の保守管理に関すること
原子炉施設の品質保証に関すること
原子炉施設の定期的な評価(定期安全レビュー)に関すること
<検査者>
原子力規制委員会
法令  
原子炉等規制法第37条第1項など  
運転段階の安全規制
運転段階の安全規制 概要
運転段階の安全規制 保安規定(変更)認可
運転段階の安全規制 施設定期検査
運転段階の安全規制 保安検査
運転段階の安全規制 定期事業者検査
運転段階の安全規制 定期安全管理審査
運転段階の安全規制 安全性向上評価
運転段階の安全規制 健全性評価
運転段階の安全規制 高経年化対策
運転段階の安全規制 運転期間延長

ページトップへ