緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

運転段階の安全規制 概要

事業者は原子力発電所の運転を始める前に、「保安規定」の認可を受けなければなりません。

「保安規定」とは、原子力発電所の運転の際に実施すべき事項や、従業員の保安教育の実施方針など原子力発電所の保安のために必要な基本的な事項が記載されているもので、事業者は、これを遵守しなければなりません。

原子力規制委員会は、事業者からの保安規定の認可申請を受け、災害の防止上支障がないことを審査した上で保安規定を認可します。

事業者は、保安規定の記載内容を変更しようとするときは、この変更に対する認可を再度、受ける必要があります。

運転開始後は、事業者は定期的に「定期事業者検査」を行います。また、原子力規制委員会は安全上特に重要な設備・機能について「施設定期検査」を行い、技術基準への適合性を確認しています。

原子力発電所の立地地域には、原子力規制委員会の事務局職員である原子力保安検査官が常駐しています。

原子力保安検査官は、原子力発電所内の巡視点検や事業者とのヒヤリング等を実施するとともに、事業者が「保安規定」を遵守しているかどうか確認する、年4回及び安全上重要な行為に対しての「保安検査」を行っています。

事業者には、運転時に行った定期的な試験などの記録を保管することが義務付けられているほか、運転に関する主要な事項に関しては定期的に、事故・トラブルが発生した時は直ちに原子力規制委員会に報告しなければならないことになっています。

運転段階の安全規制
運転段階の安全規制 概要
運転段階の安全規制 保安規定(変更)認可
運転段階の安全規制 施設定期検査
運転段階の安全規制 保安検査
運転段階の安全規制 定期事業者検査
運転段階の安全規制 定期安全管理審査
運転段階の安全規制 安全性向上評価
運転段階の安全規制 健全性評価
運転段階の安全規制 高経年化対策
運転段階の安全規制 運転期間延長

ページトップへ