緊急情報
緊急情報 異常なし(第1報)山形県沖で発生した地震の影響更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
情報提供 異常なし(第2報)茨城県北部で発生した地震の影響更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

加工事業の安全規制 加工事業に関する規制の手続き

加工事業を行うには、核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律に基づく許可の基準に適合しているかどうかの審査を受け、原子力規制委員会の許可を受けなければなりません。また、事業者は、工事に着手する前に設計及び工事の方法の認可を受けなければなりません。原子力規制委員会は、事業許可の内容に整合しているかどうか、技術上の基準に適合しているかどうか審査します。

加工事業者は、使用前検査、保安規定の認可等の手続きの後、事業開始の届出を原子力規制委員会に出さなくてはなりません。原子力規制委員会は毎年1回事業者に対して、施設定期検査を受けることを義務付けています。この検査は、加工施設の性能が技術上の基準に適合しているかどうかについて行います。また、年4回事業者に対して、保安検査を受けることを義務付けています。

原子力規制委員会は、安全規制の一環として必要に応じて立入検査を行うこととしています。このほか、事業者には、施設の検査、施設の定期的な評価が義務付けられています。

加工事業の安全規制
加工事業の安全規制 概要
加工事業の安全規制 加工事業に関する規制の手続き
加工事業の安全規制 保安検査
加工事業の安全規制 関連内規

ページトップへ