緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

貯蔵事業の安全規制 概要

使用済燃料貯蔵事業とは、原子力発電所から発生した使用済燃料を再処理等するまでの間、一時的に貯蔵管理する事業のことを言います。

原子炉等規制法に基づく使用済燃料貯蔵事業に関する規制の概要は以下のとおりです。

        

使用済燃料貯蔵の規制

使用済燃料貯蔵施設の概要

建設中の使用済燃料貯蔵施設の概要

貯蔵事業者 リサイクル燃料貯蔵株式会社
事業所名 リサイクル燃料備蓄センター
所在地 青森県むつ市
事業内容 金属製の乾式キャスクに使用済燃料を収納し自然対流による除熱方式による貯蔵
最大貯蔵能力 約3,000t (照射前金属ウラン量)
  BWR使用済燃料集合体:約2,600t (照射前金属ウラン量)
  PWR使用済燃料集合体:約400t (照射前金属ウラン量)
貯蔵事業の安全規制
貯蔵事業の安全規制 概要
貯蔵事業に関する訓令/内規

ページトップへ