緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
情報提供
3日以内に情報提供はありません。更新する
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

国立大学法人大阪大学の放射性同位元素等取扱事業所における放射性同位元素の管理区域外への漏えいについて報告を受理

平成28年03月15日
原子力規制委員会

 原子力規制庁は、平成28年3月15日、国立大学法人大阪大学より、同大学の放射性同位元素等取扱事業所における放射性同位元素の管理区域外への漏えいについて、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づく報告を受けました。

1.国立大学法人大阪大学からの報告内容

 本日(15日)13時00分頃、国立大学法人大阪大学から、同大学のラジオアイソトープ総合センター(大阪府豊中市)の放射性同位元素等取扱事業所における放射性物質の管理区域外への漏えいについて、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づく報告を受けました。

同大学から報告の概要は別紙のとおりです。

2.原子力規制庁の対応

 今後、原子力規制庁職員が現場の確認を行うとともに、国立大学法人大阪大学が行う汚染調査の状況、原因究明及び再発防止策について、厳格に確認していきます。

別紙

お問い合わせ先

原子力規制庁
原子力災害対策・核物質防護課 事故対処室
室長:米山 弘光
担当:青山、田中
電話(直通):03‐5114‐2121
電話(代表):03‐3581‐3352
事故・トラブル情報
原子炉等規制法または放射線障害防止法に基づく報告
事故故障等の報告件数の推移等
ERSS(緊急時対策支援システム)
原子力災害対策特別措置法第25条第2項に基づく報告資料等
関連ページ

ページトップへ