緊急情報
【異常なし・定時】(平成28年5月31日18時現在)熊本地震の原子力施設への影響について
緊急時ホームページ/メール登録
現在位置

大成建設(株)における放射性同位元素の所在不明について報告を受領

平成27年06月02日
原子力規制委員会

 原子力規制庁は、平成27年6月2日、大成建設(株)における放射性同位元素の所在不明について、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づく報告を受けました。

1.大成建設(株)からの報告内容

 大成建設(株)から、箕面工事作業所(大阪府茨木市大字佐保3409)において、5月26日から密度水分計(盛土の締固め状態を測定する機器)に使用する放射性同位元素(コバルト60とカリフォルニウム252)が装着されたステンレス製の棒(以下「線源棒」という。)が所在不明との連絡が本日(6月2日)ありましたのでお知らせします。
 大成建設(株)から受けた報告の概要は別紙のとおりです。

2.所在不明の放射性同位元素

核種:Co-60(2.59MBq)及びCf-252(1.11MBq)
状態:密封線源がステンレス製の棒(長さ370mm×直径16mm)に装着された状態
   <別添参照>

3.原子力規制庁の対応

 大成建設(株)に対し一般公開を行い、引き続き線源棒の捜索を行うよう指示するとともに、大成建設(株)が行う原因究明及び再発防止策について確認していきます。
 なお、当該線源棒を発見された方は、直接触れずに、最寄りの警察署又は下記の電話番号にご連絡下さい。
・大成建設(株)関西支店   電話:06‐6265‐4504(平日)
                  06‐6265‐4526(夜間・休日)
・原子力規制庁 事故対処室  電話:03‐5114‐2121(平日)
                  03‐5114‐2203(夜間・休日)

別紙・別添

お問い合わせ先

原子力規制庁
原子力災害対策・核物質防護課事故対処室
室長:米山 弘光
担当:田中、青山
電話(直通):03‐5114‐2121
電話(代表):03‐3581‐3352
事故・トラブル情報
原子炉等規制法または放射線障害防止法に基づく報告
事故故障等の報告件数の推移等
ERSS(緊急時対策支援システム)
原子力災害対策特別措置法第25条第2項に基づく報告資料等
関連ページ

ページトップへ